FVWMをカスタマイズするにあたり、LinuxのWindowManagerの要件とは。

WindowManagerに必要な要件を考える。Linuxのディスクトップ環境を作る為にどうあるのか、何が必要なのかを確認する。Fvwmでは高い自由度でカスタマイズできるからである。

まずはランチャーの役目は欠かせない。マウスで起動させるか、キーボードでターミナルか、ショートカットで起動させるか。また、常用するアプリか、インストールされたアプリか。コマンドからだと、分からないものは、GUIでアイコンで起動させるか。

次にウィンドウの操作がある。どこに配置するか、大きさは、重なり方は。アイコンに収納できるか。自動の部分と、手動の部分があり、マウスで行うか、キーボードで行うか。

次に、情報を表示する部分。アイコン、メモリー、時間、ロードなど。タスクバーの部分とFVWMならボタンの部分、ページャーの部分がある。

つづく

コメントを残す

作者にコメントします。

掲載には承認判定があります。