FVWM2のログを取る時

startxからFVWMを起動してるので、 .xinitrcの最後のexecの行に、-debug以下を追加する。
要らなくなったら消す。

exec dbus-launch --sh-syntax --exit-with-session fvwm2 -debug > ${HOME}/fvwm.log 2>&1


.xinitrcの先頭に dbu-launchを行うのが良いという案もあるのだが。自分の環境だと、gnome-terminalでfcitxが入力できないので、最後の行のfvwm2の起動時に行った方が良い。下記は良くなかった例。

eval "$(dbus-launch --sh-syntax --exit-with-session)"
#
# その他記述
#
exec fvwm2 -debug > ${HOME}/fvwm.log 2>&1

dbusについては以下を参考に https://www.silex.jp/blog/wireless/2017/01/d-bus.html

fcitxとgnome-terminalの挙動を考慮すると以下の.xinitrcになった。

export DefaultIMModule=fcitx
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export XDG_CONFIG_HOME=$HOME/.config
xscreensaver &
exec dbus-launch --sh-syntax --exit-with-session fvwm2 -debug > ${HOME}/fvwm.log 2>&1

fvwm3 をインストールしたのでログがアペンディングモードで取れる。こっちを利用するので変える。

Enables debug logging. Writes in append mode to fvwm log file, which is ~/.fvwm/fvwm3-output.log by default.

#exec dbus-launch --sh-syntax --exit-with-session fvwm2 -debug > ${HOME}/fvwm.log 2>&1
exec dbus-launch --sh-syntax --exit-with-session  fvwm3 -v

こちらのログの方が、詳しく取れてるし、-debugは要らないって事だな。

fcitxの起動は、FVWMのStartFunctionに記入しfvwmが立ち上がってから起動する順番にした。

+ I exec fcitx-autostart &

stalonetrayをインストールしFvwmButtonsの中にSwallowとしてシステムトレイアイコンを表示させた。fcitxの状態ウィンドウ(左にペンギンのアイコンがあるやつ)をSwallowしようとしたが、できなかった。移動できるのでFvwmButtonsのあたりに移動しておく。位置は保存できているので、fvwmを再起動しても、そこにあるので良しとする。

*FvwmButtons(Swallow(NoClose,UseOld)  "stalonetray" 'Exec exec stalonetray' )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。