GTK+でファイルを選ぶ、gtk_file_chooser_dialog_new

GUIでファイルを探す処理に、GTK+を利用してみよう。

プログラムでファイルを選ぶ場合、あらかじめシェルかファイラーを用い、ファイル名を正確に代入する必要になる。選んだファイル名を返す、単純なGUIのプログラムがあれば汎用できるので、便利である。今回は、GTK+というツールボックスを使用して、GUIでファイルを探すプログラムの制作を行ってみよう。
設定として、簡単で単純なプログラム。汎用性が高いこと。カスタマイズ可能。GTK+の学習を目的とする。

filechooser.c

#include <gtk/gtk.h>
 
int main(int argc, char *argv[]){
    GtkWidget *dialog;
    gtk_init(&argc, &argv);
    
    GtkFileChooserAction action = GTK_FILE_CHOOSER_ACTION_OPEN;
    gint res;
    
    dialog = gtk_file_chooser_dialog_new ("Open File",
                                          NULL,
                                          action, 
                                          ("Cancelする"),
                                          GTK_RESPONSE_CANCEL,
                                          ("Openする"),
                                          GTK_RESPONSE_ACCEPT,
                                          NULL);
    
    res = gtk_dialog_run (GTK_DIALOG (dialog));
    if (res == GTK_RESPONSE_ACCEPT)
    {
        char *filename;
        GtkFileChooser *chooser = GTK_FILE_CHOOSER (dialog);
        filename = gtk_file_chooser_get_filename (chooser);
        g_print("%s\n",filename);
        //open_file (filename);
        g_free (filename);
    }
         gtk_widget_destroy (dialog);
    
    return 0;       
    
}

コンパイルは以下で。

gcc filechooser.c -o filechooser `pkg-config --cflags --libs gtk+-3.0`

エラーが出る

Gtk-Message: GtkDialog mapped without a transient parent. This is discouraged.

gtk_dialog_run (GTK_DIALOG (dialog)); このエラーはで生じてる。
gtk_file_chooser_dialog_new の二番目の引数、NULLだと生じるのか?
そのようだった。main関数から、呼び出すと消えた。

#include <gtk/gtk.h>
 
int file_selection_dialog(GtkWidget *window ,gchar *str){
    GtkWidget *dialog;

    GtkFileChooserAction action = GTK_FILE_CHOOSER_ACTION_OPEN;
    gint res;;
    
    dialog = gtk_file_chooser_dialog_new ("Open File",
                                     GTK_WINDOW (window), 
                                      //NULL,
                                      action,
                                      ("Cancel"),
                                      GTK_RESPONSE_CANCEL,
                                      ("Open"),
                                      GTK_RESPONSE_ACCEPT,
                                      NULL);
    GtkFileChooser *chooser = GTK_FILE_CHOOSER (dialog);
    gtk_file_chooser_set_current_folder (chooser,str);
    res = gtk_dialog_run (GTK_DIALOG (dialog));
    if (res == GTK_RESPONSE_ACCEPT)
    {
        char *filename;
        filename = gtk_file_chooser_get_filename (chooser);
        g_print("%s\n",filename);
        g_free (filename);
  }
  gtk_widget_destroy (dialog);
}

 int main(int argc, char** argv){
    GtkWidget *window;
    gtk_init(&argc,&argv);
    window = gtk_window_new(GTK_WINDOW_TOPLEVEL);
    g_signal_connect(window, "destroy",G_CALLBACK(gtk_main_quit), NULL);
    file_selection_dialog(window, argv[1]);
    return 0;
}

main関数とは、別に関数を作り、mainから呼び出すと、GtkDialog mapped without a transient parentのエラーは消えた。mainの中でgtk_file_chooser_dialog_newウィジェットを実行してもエラーがでない方法がありそうだが。組み合わせをいじってみて、mainの中でも動くようになった。改めてみると、単純な表現であるが、初心者が戸惑うツボが垣間見れる。

#include <gtk/gtk.h>
 
int main(int argc, char *argv[]){
    
    GtkWidget *dialog;
    GtkWidget *window;
    
    gtk_init(&argc, &argv);
    window = gtk_window_new (GTK_WINDOW_TOPLEVEL);
    
    gint res;
    
    dialog = gtk_file_chooser_dialog_new ("Open File",
                                          GTK_WINDOW (window),
                                          GTK_FILE_CHOOSER_ACTION_OPEN,
                                          ("Cancelする"),
                                          GTK_RESPONSE_CANCEL,
                                          ("Openする"),
                                          GTK_RESPONSE_ACCEPT,
                                          NULL);
 
    GtkFileChooser *chooser = GTK_FILE_CHOOSER (dialog);
    if (argv[1])
        gtk_file_chooser_set_current_folder (chooser,argv[1]);

    res = gtk_dialog_run (GTK_DIALOG (dialog));
    if (res == GTK_RESPONSE_ACCEPT)
    {
        char *filename;
        filename = gtk_file_chooser_get_filename (chooser);
        g_print("%s\n",filename);
        g_free (filename);
    }
    
    return 0;   
    
}

実行すると、引数のディレクトリーを指定できるので、そのところで開く。
ファイルを選ぶと、標準出力にファイル名を出すようしにした。

シェルスクリプトから呼び出すと、応用できる範囲は広い。

set filePath [exec /home/user/gtk/filechooser /home/user/Archives/Photos/Image]

このように、tclでfilePathにファイル名を代入することができる。Tkで使ってた、tk_getOpenFile をこちらに変えたのである。Tkではプレビューがないので画像ファイルは、呼び出して表示と手間がかかっていた。この方法だとプレビューと言うか、アイコンが見えるのあるが……。小さい。まったく小さい。大きさ変えられないし。もっと大きなアイコン表示ができる?プレビューが同じ窓でできない?

You can add a custom preview widget to a file chooser and then get notification about when the preview needs to be updated. To install a preview widget, use Gtk.FileChooser.set_preview_widget(). Then, connect to the Gtk.FileChooser ::update-preview signal to get notified when you need to update the contents of the preview.

gtk_file_chooser_set_preview_widget()を使ってみた。

#include <gtk/gtk.h>
 
static void
update_preview_cb (GtkFileChooser *file_chooser, gpointer data)
{
  GtkWidget *preview;
  char *filename;
  GdkPixbuf *pixbuf;
  gboolean have_preview;

  preview = GTK_WIDGET (data);
  if (filename = gtk_file_chooser_get_preview_filename (file_chooser))
  {
  pixbuf = gdk_pixbuf_new_from_file_at_size (filename, 256, 256, NULL);
  have_preview = (pixbuf != NULL);
  g_free (filename);

  gtk_image_set_from_pixbuf (GTK_IMAGE (preview), pixbuf);
  if (pixbuf)
    g_object_unref (pixbuf);

  gtk_file_chooser_set_preview_widget_active (file_chooser, have_preview);
}
}
 
 
 int main(int argc, char *argv[])
 {
    
    GtkWidget *dialog;
    GtkWidget *window;
    GtkWidget *preview;
    
    gtk_init(&argc, &argv);
    window = gtk_window_new (GTK_WINDOW_TOPLEVEL);
    
    dialog = gtk_file_chooser_dialog_new ("Open File",
                                          GTK_WINDOW (window),
                                          GTK_FILE_CHOOSER_ACTION_OPEN,
                                          ("Cancelする"),
                                          GTK_RESPONSE_CANCEL,
                                          ("Openする"),
                                          GTK_RESPONSE_ACCEPT,
                                          NULL);
    preview = gtk_image_new ();
    GtkFileChooser *chooser = GTK_FILE_CHOOSER (dialog);
    gtk_file_chooser_set_preview_widget (chooser, preview);
    g_signal_connect (chooser, "update-preview",
		    G_CALLBACK (update_preview_cb), preview);

    if (argv[1])
        gtk_file_chooser_set_current_folder (chooser,argv[1]);
    if (gtk_dialog_run (GTK_DIALOG (dialog)) == GTK_RESPONSE_ACCEPT)
    {
        char *filename;

        filename = gtk_file_chooser_get_filename (chooser);
        g_print("%s\n",filename);
        g_free (filename);
    }
     gtk_widget_destroy (dialog);
     
    return 0;   
    
}

これだと画像を選択すれば、右にプレビューが表示されるので便利だ。

https://developer.gnome.org/gtk3/stable/GtkFileChooserDialog.html#gtk-file-chooser-dialog-new
https://developer.gnome.org/gtk3/stable/GtkFileChooser.html
https://lazka.github.io/pgi-docs/Gtk-3.0/interfaces/FileChooser.html

追加
Couldn’t connect to accessibility bus: Failed to connect to socket /tmp/dbus
が出現するのを消すには、

export NO_AT_BRIDGE=1

を実行しておく、bashrcに記載しておく。fvwmのメニューの中で実行して、エラーが出るので、wish中に

set ::env(NO_AT_BRIDGE) 1

を追加するとエラーが出なくなった。dbusのバグのようだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。